ネットに出店したい!各方法のメリットとデメリット編

ブログ

2019.02.27 ECサイト制作

ネットに出店したい!各方法のメリットとデメリット編

はじめに

営業のSです。
今回はネットに出店を考えている個人から企業様に向け、簡単にご紹介をしたいと思っております。

小物を作るのが趣味でお小遣い稼ぎをしたい、、、

リアル店舗あるけどネットにも販路持ちたい!

とお考えの皆様、いい時代になりました。

個人店から、大規模なネットショップまで、多様に対応できます。

そこで、今回はネットに店舗を持つメリット・デメリットついてご紹介します。

ネットショップ開設の方法

ここからは、ネットショップ開設における代表的な4つの方法と、
それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

1.ASP型

「BASE」、「MakeShop」、「Shopify」等が代表されるサービスです。

メリット:気軽に出店できる・月額の利用料が安い
デメリット:既に機能が決まっているため、追加が難しい(orできない)・デザインの自由度が低い

2.モール型

「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」、「Amazon」、「Wowma!」等が代表されるサービスです。

メリット:気軽に出店できる・モールの膨大な顧客層にリーチができる
デメリット:月額費用、手数料が比較的高い・デザインの自由度が低い・機能追加はできない

3.オープンソース型

WordPressのプラグインである「Welcart」、「WooCommerce」や、「EC-CUBE」などのオープンソースを使って開発する場合です。

メリット:パッケージなので開発費用が抑えられる・月額費用がサーバーの費用のみ・機能の自由度が高い
デメリット:オープンソースによっては苦手としている機能がある・管理画面などは大幅に変えられない。

4.フルスクラッチ型

上記のように既にあるものからではなく、一から作るものです。

メリット:自由度が無限大。
デメリット:要件定義など専門的な知識が必要・費用が非常に高い(数百万~)

まとめ

以上になります。

ASP型、モール型と一口に言っても、個人でやるのか、会社としておこなうのか、どれくらいの売上が欲しいのか、等によっても
選ぶものが変わってきます。

次回はそちらについても触れていきたいと思います。

ECサイトを作りたい!とお考えのそこの貴方!
こちらから
お問合せお願いいたします。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら