採用活動にWebマーケティングが必須となる背景と対策

ブログ

2019.09.04 Webマーケティング

採用活動にWebマーケティングが必須となる背景と対策

働き手不足のため企業の人材確保が困難になってきた近年、Webマーケティングは採用活動に欠かせないものとなりました。
ここではその背景と、Webマーケティングを採用活動に反映することで、魅力的な人材を採用するにはどうすればいいのか触れていきます。

採用活動にWebマーケティングが活用されるようになった背景とは

依然として採用難易度は高く、人材不足がより深刻な問題になっています。弊社でも採用サイト制作のご依頼をいただいた際に、人事担当の方から「なかなか応募してもらえない」「選考辞退されるケースが増えた印象」「転職者の企業を選ぶ目がかなり厳しい」といった悩みの声を多くいただきます。

企業有利だった時代のように採用活動を行なっても、なかなか成功しない「転職売り手市場」で魅力的な人材を確保するにはWebマーケティングが必須の要素となります。

なぜ採用活動に『Web』マーケティングなのか

「インターネットの技術進歩」と「Indeed(インディード)の普及」の2つが理由です。

「インターネットの技術進歩」

これはビッグデータを活用する「AI」技術が大きく進歩したためです。

10年ほど前、バナー広告を出す際は例えば、

「Yahooニュースの介護福祉カテゴリページに、2週間で50万円」というような出し方でした。

つまり、どの面(サイト/ページ)に出すのか、という出し方でした。

しかしここ数年で、個人が特定されない状態で、インターネットユーザーの情報が蓄積されてきました。

これらの情報を利用することで、「誰に広告出すか」という出し方ができるようになってきました。

この機能を使うことで、例えば、

「東京都23区にいる、20代後半の介護職に勤めていると思われる男女に対して、Yahooニュース上で広告を出す」

ということができるようになりました。

「Indeedの普及」

そして、当社が「採用Webマーケティング」支援を行なっているもう一つの理由が、これです。

2012年にリクルートがアメリカのIndeed(インディード)を買収し、完全子会社としました。

IndeedはアメリカでNo.1のお仕事探しツールとなっており、SilkRoad Technologyのレポートでは2013年の時点で、面接まで至った求人の約4割がIndeed経由となっています。

日本のIT技術は、アメリカの10年や15年も遅れていると言われてきました。

リクルートはこれを狙って、Indeedを買収し、日本での普及を開始したのです。

Indeedは「Googleの求人版」と言われている求人検索エンジンです。

よって、「仕事を検索しているユーザーへの露出」と「集客したユーザーの獲得(応募)」を最適化することで、効率の良い母集団形成ができるのです。

いわゆる、顧客獲得におけるリードジェネレーションと言われるマーケティング活動です。

リクルートはタウンワークやリクナビNEXTの次を担う求人メディアとして、Indeed事業を日本でも展開していると思われます。そのため、リクルートはIndeedのユーザー増加のために莫大な資金を投入して成長を図っています。アメリカのようにNo.1ツールになるかは分かりませんが、ある一定のシェアは獲得すると思われます。

Webマーケティングを採用活動に落とし込む方法を簡単に紹介

顧客獲得のために、多くの企業は必死にマーケティングを行ないます。人材獲得もそのような状況になったので、あの手この手で獲得しにいく必要があります。

具体的には以下の施策が効果的と言えます。

(1)応募者の受け皿となる「採用サイトの作成」

(2)採用サイトへの「求職者集客」

採用サイトを既に持っている場合は、ぜひ(2)「求職者集客」にトライしてみてください。

まだ採用サイトをお持ちでない場合は、ぜひ採用ページを作成してみてください。

採用サイトを作成するためのノウハウが詰まった以下のサイトもぜひ参考にしてみてくださいね。

採用サイト制作.com

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら