【Webサイト制作に必須!】のオススメ心理学テクニック①

ブログ

2020.07.24 Webデザイン

【Webサイト制作に必須!】のオススメ心理学テクニック①

アンカリング効果とは?

アンカリング効果(Anchoring Effect)とは、
認知バイアス(認知の偏り)の一種であり、先行する何らかの数値(アンカー)によって
後の数値の判断が歪められ、判断された数値がアンカーに近づく傾向のこと。(係留効果とも!!)
ちなみに、アンカーとは船の錨(アンカー)が語源と言われております。
簡単に説明すると、
最初に与える情報はめっちゃ大事ってことですね!!
例えば、「本日限定!○○ブランドのコートが通常価格50,000円→特別価格10,000円!!」
安い!ってなりますよね~。はい!アンカリング効果ありです。。
営業や、マーケティングなどで活躍できる効果ですね。
「一週間後に提出します」→「3日後に提出」すると
最初に持たれた印象より良くなりますよね。。
他にも、商品やサービスを売りたいとき、値引き交渉などなど、
こんな感じでアンカリング効果を利用することで物事が円滑に進められるシーンが増えてくるのではないでしょうか?
Web制作に応用する場合は、商品やサービスの購買を促すようなコピーを使用することですかね。。
「お得」「限定」「特別」などのフレーズは聞き慣れているようですが、やはり効果はあるようです!!!

カリギュラ効果とは?

カリギュラ効果(Caligula Effect)とは、
禁止されるほどやってみたくなる心理現象のこと。
絶対に○○しないでね!!って言われると、ついやってしまいたくなりますよね。。
人間は何かを禁止されると、気になって逆の行動をとってしまうものです。。
「この話は絶対誰にも話さないでね」、「絶対にタバコを吸ったらいけないよ」、「お酒は絶対に飲まないでね」
はい、逆らいたくなりますよね~。。
カリギュラ効果ありです。。
さらに具体例をあげると、YouTubeのサムネイルに「閲覧禁止」「悪用厳禁」「見ないでください」とか
「禁止」というキーワードを使っていますよね?あれです!!
皆さんどうですか?逆に見たくなりませんか??
はい、カリギュラ効果です。。
カリギュラ効果は、広告や、マーケティングなどで活躍できる効果ですね。
また、マネジメントなどの人を育てる分野でも知らないと損をする効果であるとも思っています。
皆さん、禁止や制限、命令をして、強制しようとしたことはありませんか?
注意が必要かもしれませんね!!
Web制作に応用する場合は、LPなどの商品やサービスの購買を促すようなサイトで、
惹きつける、気になるようなコピーを使用することですね!
「痩せたくない人はクリックしないでください」「美肌の方は見ないでください」のように、
知識があるだけで色々応用できるかと思います!!

ピグマリオン効果とは?

ピグマリオン効果(Pygmalion effect)とは、
教育心理学における心理的行動の1つで、
他社から期待を受けることで、学習や作業などの成果を出すことができる効果のことです。
アメリカの心理学者ローゼンタールが、教師からの期待があるか、ないかによって生徒の学習成績が
変化するという実験結果を報告したことが始まりです。
つまり、モチベーションをあげる方が良いってことですね!
マネジメントなどの教育に活躍しそうな効果です。
確かにモチベーションを下げるような言動はやる気をなくさせます。。
逆も然り!モチベーションは上げて、褒めましょう!
成長スピードも上がり、良いこと尽くしです!!
Web制作に応用する場合は、利用者の声などで、
「このサービスを利用して効果があった!」、「この商品を使用して良い結果が得られた!」
のようなリアルな声で、私もそうなりたいと思って頂くような訴求は効果ありです!

おわりに

今回は3つの心理学テクニックをご紹介させていただきましたが、
知っておくだけでWeb制作にも応用でき、より人生の質を向上させられるのではないでしょうか?
皆さんも是非実践してみて下さい。(ご参考までに)

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら