ライティング力が簡単に身につくたった1つのコツとは?【文章の書き方に悩んでいる方必見】

ブログ

2015.11.13 その他

ライティング力が簡単に身につくたった1つのコツとは?【文章の書き方に悩んでいる方必見】

「コラム記事を書こうと思ったけど、何を書いたらいいかわからない…」
「ライティング力をつけたいけどどうしたら身につくのか…」
「読者から読まれやすい文章を書きたい…」
「ブログを開いたけどなかなか読者が増えない…」

ライティングに関するお悩み、ありませんか?

「ライティング?普段から慣れ親しんでいる日本語でしょ、簡単簡単!」なんて思っていた時期が私にもありました。

そんな私が出会った、ライティングのたったひとつのコツをご紹介します。

こんな方々にはきっと有益な上方となるかなと思います。

・コラムを任されている広報担当の方
・駆け出しのライター
・ブログを解説したばかりで読者を増やしたいブロガー

 

3つのNOTの法則

ライティングのコツ、それは「3つのNOT」を踏まえて文章を作成することです。

3つのNOTとは、1990年代前半の有名なマーケター、マクスウェル・サックハイム氏が導き出した下記を指しています。

  1. Not Read(読まない)
  2. Not Believe(信じない)
  3. Not Act(行動しない)

上記の3つのNOTは、「マクスウェル・サックハイム氏の三原則」として有名ですが、ライティングの世界でもこれだけ知っていれば十分通用する文章が書けるようになります。

 

簡単に言えばユーザーの人間心理を表しているこの3つのNOT。
この3つを踏まえて文章を作成するとはどういうことか、改めてご説明します。

 

3つのNOTを踏まえた文章作成

結論は簡単で、「読まない・信じない・行動しない」を、「読みたい・信じたい・行動したい」へ変換できるような文章を目指せばいいのです。

それぞれ詳しく解説しますね。

 

【「読まない」→「読みたい」】タイトルで惹きつけろ!

大前提として、読者はインターネットに転がっているたくさんの記事を読みたいわけではありません。
自分の知りたい内容が書いてある記事、得たい情報が載っている文章を探して読むのです。

ではそれを読者はどこで判断しているのか?
答えはタイトルです。

GoogleやYahooで検索した時、様々なページがヒットします。
その中から自分が欲しい情報が書いてありそうなページへ移動するのがインターネットユーザーの基本的な行動です。

検索結果の上位に位置しているページは、どれも興味をそそるタイトルではないですか?
すべて「読みたい」と思わせるためのタイトル設定をしているためです。

まずは目を引くようなタイトルで「読みたい」と思わせることが重要です。

 

【「信じない」→「信じたい」】情報の根拠を明確にせよ!

様々な情報であふれるインターネット。その中に、一体どれだけのが混じっているでしょうか。
基本的に疑われながら文章を読まれますので、信じてもらえるよう、発信する情報の根拠を明確に述べておきましょう。

根拠として使えるデータは、引用元や売上実績などが挙げられます。

どんどん取り入れ、信頼される文章にしていきましょう。

 

【「行動しない」→「行動したい」】読者にとって得を打ち出せ!

簡単にいってしまえば、コンバージョンを設定しましょう、です。
コラム記事、ブログ記事、どんな文章でもそれぞれに目的があるはずです。

 

例えばあるサービスを紹介するとします。
そのサービスを使用してもらうために、それのメリットや使い心地などをアピール。
ユーザーの心を動かし、「それ使いたいな」と思ってもらえるように情報を発信しましょう。
記事の最後にサービス利用の案内へのページ(会員登録ページやダウンロードページなど)につながるリンクを貼ることで、行動を起こす敷居を下げることも忘れずに行いましょう。

 

まとめ

3つのNOTについてまとめましたが、いかがでしたか?
常に3つのことを意識して取り組めば、きっとすぐに読まれやすい文章が作成できるようになるでしょう。

ライティングのコツとして、ぜひ覚えておいてください。

 

株式会社SPCでは、上記のコツやその他様々なツールなどを揃えています。
ットに関するお悩み事はお気軽にご連絡ください!

SPCへのお問い合わせはこちら

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら