SEOキーワード検索数ツールの紹介!

ブログ

2016.04.28 SEO

SEOキーワード検索数ツールの紹介!

3つの調査方法

SEO対策は情報戦とも言えます。中でも、実際にどういった言葉がどれぐらいの数で検索されているかについてはできるだけ多く欲しい情報です。
ここでは3つの方法を紹介します。それぞれにメリットがありますので、用途に応じて使うことをオススメします。


リスティングのツール

検索エンジンの大きな収入源は実は広告です。検索と連動させたリスティング広告は、その代表格となります。自分達でさまざま出稿ができるように各種ツールが提供されていますが、そこにキーワードの数を見ることができるものもあります。なお、GoogleとYahoo!で、それぞれ次のものが用意されています。

・Google Adwords
キーワードプランナー
・Yahoo!プロモーション広告
キーワードアドバイスツール

使い方はいたってシンプルで、見たいキーワードを入れると検索数を含めたさまざま情報が取得できます。リスティング広告だけでなく、SEOにも大いに活用したいツールです。


Google トレンド

Googleトレンドは検索ボリュームの推移を見るのに最適です。ビジネス上でいつも変わらぬ絶対的なSEO対策ワードはもちろんあるでしょうが、流行に合わせた対策を取る事も大切です。

このツールも調べたいワードを入れるだけです。複数の語を入れて比較することもできます。例えば“大リーグ”と“メジャーリーグ”という言葉の使われ方がどう変化しているか、現在はどちらが多いのか。こうした比較をして今対策すべきワードを選んでいくのも良いでしょう。
あるいは“バーゲン”と入れ、一年のうちでどの時期から多く検索され始めるかをつかむことことで実施時期を検討するという戦略も取れます。


ネット上のツール

3つ目はGoogleやYahoo!といった検索エンジンがオフィシャルに出しているものではない、いわばサードパーティーのツールを使う方法です。代表的なものをいくつか紹介しましょう。

aramakijake.jp
http://aramakijake.jp/index.html
ネーミングがユニークなサイト。検索数予測ツールで検索数が調べられます。

キーワードウォッチャー
https://www.keywordwatcher.jp/
利用には会員登録が必要です。また無料プランは回数制限があります。

以前はこの他にもよく使われるサイトがありましたが、現在はクローズされていました。またサードパーティーツールということもあり、いつのデータを基にしているかがわからない、というデメリットも言われます。ただし純正のツールといくつかの検索語を比較しても遜色ない働きをすることも多いので、覚えておくと便利でしょう。

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c