パンダアップデートの概要とその対策

ブログ

2016.04.28 SEO

パンダアップデートの概要とその対策

どんな内容?

SEOに携わる人たちを震撼させた2つのアップデート方法。ここでは「パンダアップデート」について解説していきます。パンダアップデートをシンプルに理解する場合、“ユーザーに役に立つ、良いコンテンツを重視する”と覚えておくと良いでしょう。まずは、NGなものを具体的にいくつか書き出します。

1、オリジナルでない。
2、プログラムで自動生成されている。
3、広告やリンクのテキストが並んでいるだけ。

1で多いのは、コピーコンテンツです。つまり他の記事をコピペしたものです。完全コピーはもちろん、8割はコピーという場合も評価はされないでしょう。2は一時期数多く見られました。自動収集された言葉や文章を組み合わせたものなので、不自然極まりない内容のコンテンツを形成しています。3は単純なアフィリエイトリンク集で多く見られたパターンです。


アップデートは恒例行事

実は現在では、上で挙げたようなコンテンツはすっかり目にしなくなりました。Googleのアルゴリズム(パンダアップデート)により、Google検索で大きく順位を下げたか、もしかすると検索結果からも完全に消されているかもしれないからです。
検索順位を少し下げるというのではなく、大きく下げたことから、パンダアップデートが最初に実施された時は大騒ぎとなりました。しかしクレームのような意見はあまり出ませんでした。順位が下げられたサイトは、どこかスネに傷を持っているのを自分たちも分かっていたからでしょう。
このパンダアップデートの開始は、日本では2012年から以降断続的にアップデートが繰り返されています。


対策は?

さてこのパンダアップデートへの対策ですが、簡単に言えば質の高いコンテンツを提供することになります。
実際にペンギンアップデート(有料リンクを大量に購入するなどの行為)が行われた後に、コンテンツ量を増やすため質は度外視して記事を制作するという行為もありました。しかし、2015年の後半頃からはほとんどなくなりました。ライティングでは、「少し金額が高くても良い記事を」というのが現在の主流となったからです。

では既にコンテンツはあるけれど質が良くない場合はどうすれば良いでしょうか。これは削除するのではなく、質を高めるよう修正するのがオススメとされています。実際にあるSEOの専門家が、サイトの中身も検索順位も今一つだったWebサイトをリライトだけで上位にできるか実験したところ、有効な結果が出たという報告もあります。
新しく質の悪いものは作らない、既にイマイチのコンテンツがある場合はリライトを考えてみる。それが最も手近な対策となります。

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c