対策するページからキーワードを探しだす

ブログ

2016.05.02 キーワードプランナー

対策するページからキーワードを探しだす

キーワードを探し求める時に最適

キーワードプランナーで検索ボリューム機能デバイス別検索ボリュームをSEO対策に利用する方法は、対策をするキーワードを予め仮定して行うものでした。
ここで紹介するのは、キーワードを仮定するのではなく、対策するページからキーワードを見つけ出していくという、言わば“逆引き”の方法になります。
これは、キーワードがなかなか定まらない、想定が難しいといった場合に便利なやり方です。


URLを入力して割り出す

それでは、ページからSEOキーワードを見つけていく具体的な方法を解説していきます。
まずはキーワードプランナーを開きます。選択するのは「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」の項目です。対策するキーワードが決まっていれば、その中の「宣伝する商品やサービス」欄に情報を得たい具体的なキーワードを入れて調べました。
しかし、ページから探す場合には、「ランディングページ」欄に対象となるページのURLを入力します。日本国内でのビジネスのみを対象にする場合は、「ターゲット設定」で日本を、また地域限定の場合には該当するエリアを選んでおきましょう。「候補を取得」ボタンを押せば、結果が表示されます。


対策するページは1つではない

結果ページは、デフォルトでは「広告グループ」のタブになっています。今回はキーワードを見つけ出すという作業なので、「キーワード候補」のタブに切り替えましょう。ページに関連性が高いキーワードが一覧になって出ています。
見やすいように月間平均検索ボリュームや競合性の項目を昇順、降順などに切り替え、探っていきましょう。

このようにページから割り出すという方法はとても簡単です。
ポイントとしては、対策をするのはサイトのトップページだけではありませんので、該当するページ毎にこの作業を行っていくことです。
また逆引きですから、キーワードを探すという以外にも、現在そのページにきちんと狙うべき言葉が入っているかについてのチェックにもなり便利です。

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら