Console(Webマスターツール)の概要・できること

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

Console(Webマスターツール)の概要・できること

Webマスターだけのツールではない

かつてWebマスターツールとして提供されていた機能は、現在「Search Console」となっています。

名称変更の理由は、もともとはWebマスター、つまりWebの担当者に対するツールということで提供していたのですが、実際に調査をしてみると、マーケティング担当者や制作者、コンサルタントなど、Webやアプリに関わる人が多く利用している実態が明らかになったからとのことです。
もっとも新しい名称のSearch Consoleは、当初は「意味が分かりにくい」とか「長い」と言った不平も聞かれました。そうしたことから、自然発生的に生まれた「サチコ」という愛称が使われることもあります。


サチコとは何か?

Googleアナリティクスに比べ、Search Consoleは一体何に使うものなのか? という疑問もよく聞かれます。
アクセス解析のGoogleアナリティクスがサイトを訪問する“ユーザーの動き”を見るツールなのに対して、Search Consoleは“検索エンジンの動きを見る、対話をする”というものになります。
イメージではアクセス解析で人を見て、Search Consoleで機械(ロボット)を見るといった感じでしょうか。
SEOの観点で見ると次のような関係性になります。

Googleアナリティクス(ユーザーの動き)+Search Console(検索エンジンの動き)≒SEO(検索上位)

Googleの目指すところは、ユーザーにとって有益な価値の提供です。ですから、ユーザーの動きが常に中心になります。それを機械で理想的に処理できれば最高ですが、どうしてもズレが出て来ます。また現在、検索エンジンでどう評価されているかの確認も必要になって来ます。こうしたロボット的な動きや評価を伝えてくれるものとしてSearch Consoleが存在し、Googleアナリティクスと組み合わせていくことで検索上位が狙えるのです。


何ができるの?

Search Consoleでできることについて、分類して紹介します。

・調べる
頻繁に使われるのがこの機能かもしれません。特にメニューの「検索トラフィック」内、「検索アナリティクス」の利用頻度は高いでしょう。ユーザーが実際に検索したワード(検索クエリ)からの自サイトの掲載状況やそこからの流入数を知ることができます。
調べる機能としては、被リンクやクローラーの動き、エラーページやセキュリティ上の問題など多岐に渡ります。

・伝える
xmlサイトマップの送信をして、ページの更新や追加などを検索エンジンに伝えることができます。自サイト、あるいは他サイトのスパムやさまざまな問題に関してもここから報告ができます。

・テストする
調べることよりもっと積極的に自サイトについてテストを行う機能も充実しています。ロボットの目でページを確認できる「Fetch as Google」はその代表です。

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c