SEO対策としてのブログメディア

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

SEO対策としてのブログメディア

ブログは有利! は昔話

「ブログはSEOに有利」。そう言われた時代は遠い昔の話になりました。有利と言われていた理由は下記の通りです。

・ブログは構造的に検索エンジンと親和性が高い。
・テキスト情報が豊富なので、検索エンジンに好まれる。
・更新が頻繁におこなわれる。

他にもトラックバックやコメント、またRSSをはき出すことがSEO上も有利だと言われました。
実感として、こんな時代もありましたね。
しかし、それはもう過去の話です。ブログだから有利、という時代は過ぎ去った過去という認識をお持ちください。


中身で勝負する時代

とは言え、今やWebマーケティングの中心を占める「コンテンツマーケティング」で最も使われるのがブログというのも事実です。しかし、コンテンツマーケティング≒ブログではなく、ソーシャルメディアや動画、インフォグラフィックやニュースリリースなどコンテンツマーケティングの種類は多岐に渡るのですが、最も取り組みやすいものとしてブログが重宝されています。
そして、コンテンツは質を評価されるというのは共通認識です。ですからブログもまずは質が高く、信頼性がある知識や情報を発信することが条件です。小手先のテクニックの前に、そのことはしっかり押さえておいてください。


覚えておきたいテクニック

テクニック的なものも紹介しておきましょう。

ブログは記事のタイトルがページタイトルにもなるので、SEO上有利とされ、キーワードをなるべく入れることが推奨されました。しかし今は、キーワードを含めることにはそれほどこだわらなくて良いと思います。
それよりも検索結果に表示されたとき、ユーザーがクリックしやすくなるタイトルを付ける方が賢明です。h1、h2にあたる小見出しについても同じことが言われましたが、こちらもユーザーが内容を理解しやすいもの、次を読みたくなる工夫をした方が良いでしょう。
もちろん、キーワードがページ内に入っていればクローラーはそれを読みますし、文章の流れ上、自然とタイトルや見出しにキーワードは入ってくるでしょう。
ユーザーが読みやすく理解しやすい内容。それを提供することで、Googleのアップデートに関わらず、SEOに強いブログ記事となるハズです。

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c