SEOにおける外部施策の効果

ブログ

2016.05.10 SEO

SEOにおける外部施策の効果

外部対策はなくなっていません
「SEO対策はコンテンツの質を上げることだ。外部対策は効果を発揮しない」。
そんな認識が広がっているようです。
ペンギンアップデートの導入で、大きくランクダウンをするサイトが出たためですが、Googleは被リンクにNGを出したわけではなく、有料リンクや質の悪いサイトからの外部リンクといったリンクプログラムの参加に対してマイナスの処分を出しただけです。
例えるならば、これまでスピード違反に甘かった道路での取り締まりを厳しくして、数キロオーバーの違反に対しても取り締まりを強化したようなものです。
車に乗ること(この場合は被リンク)がダメ、とは言っていないのです。
被リンクの影響力の低下は相対的なもの
被リンクの数と質をもとに出されていた「Pagerank(ページランク)」の廃止も、外部施策の終焉という話によく結び付けられます。
結論を言えば、被リンクの影響力は下がっています。
しかしそれは、Googleが他のアルゴリズムも開発してきたため、相対的に重要度が下がってきているということです。
これまで冷蔵庫や掃除機といった白物家電ばかり作っていたメーカーが、オーディオ機器や携帯電話も作り始めたら、白物家電が事業全体に占める割合は低下します。それと同じです。
被リンクはもともと「評価の高いコンテンツは他の良いサイトからもリンクを貼ってもらえるだろう」という想定のものに採用されたアルゴリズムです。現在のGoogleはそれ以外の判断材料を日々加えています。
コンテンツとソーシャルメディアがカギ
では、現在の外部対策をどうすべきかについて考えていきましょう。
キーになるのはやっぱりコンテンツです。SEOコンテンツやコンテンツマーケティングというと内部施策のようですが、良いコンテンツはリンクを貼られていく。つまり被リンクが増えていくという意味では外部施策の一環と言えます。
また昔と違い、ソーシャルメディアの普及により、一般の人も良いコンテンツを多くシェアをしてくれるようになりました。
ただし、SNSのリンクはnofollowとなっているため、ページ評価を受け渡すという従来の被リンクのアルゴリズムにはマッチしません。
しかし、外部からそのコンテンツが高い評価を受けている。ということで考えると、Googleは別の方法でソーシャルメディアでの動きを重要と解釈している可能性があります。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c