ユーザーにとって良質なコンテンツを作成するには

ブログ

2016.05.10 コンテンツSEO

ユーザーにとって良質なコンテンツを作成するには

良質なコンテンツのポイント
ここではコンテンツ戦略の肝になるポイントについて、きちんと伝えていきたいと思います。
これを正しく押さえれば、あなたのコンテンツはGoogleから優れた評価を与えられることでしょう。つまり、検索上位に来るわけです。
良質なコンテンツとは、ユーザーがそのページ(サイト)だけを見れば、欲していた情報のすべてを手に入れることができるというものです。そのためには、そのページにあらゆる角度の情報が盛り込まれている必要があります。
実際の例から考えてみましょう。
「生命保険 掛け捨て」という検索クエリで考えてみる
例として、「生命保険 掛け捨て」という検索クエリで考えてみます。
「生命保険」というビックワードでの検索に比べれば、遥かに検索ボリュームは少ないですが、より具体的に検討に入っている、質の高いユーザーが多い検索クエリと推測できます。
「掛け捨て」という言葉が入っていますので、掛け捨て型の生命保険について詳しく解説するのはもちろんです。
概要、メリット、デメリットなどが主な内容になります。
加えて、貯蓄型の生命保険についても紹介しておくと良いかもしれません。
ユーザーは掛け捨て型の保険を検索しているものの、まだ別のタイプの保険との違いが分からず、いろいろな情報を取りたいと考えているかもしれません。最初にアクセスしたコンテンツで掛け捨て型の他に貯蓄型の保険の紹介、さらに比較記事もあれば、そこを離れて他のページにいく理由はなくなります。
これがユーザーのニーズを想像し、さまざまな角度からの情報をページ(サイト)内に入れておくということです。
1テーマだけがSEOではない
こうした複数の情報を入れるというのは、従来のSEOからは少し外れた行為になります。
1ページに対策キーワードに合わせた1テーマといった原則があったからです。
しかし、最近はそれが変化しています。ユーザーが複数検索をする手間を考えれば、1つのサイトですべての情報を取れるのが良いのではないか? という傾向があるのです。
これをすればページのボリュームは膨らみます。あるいは複数ページに分けた場合は、うまく導線を張らないと見落としてしまう可能性があります。
こうしたことを考慮し、見やすく、分かりやすく作っていき、必要な情報がすべて取得できるようにしておくのが、昨今のコンテンツづくりの大きなポイントとなっています。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c