サイトマップ作成ツールの紹介

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

サイトマップ作成ツールの紹介

ページの更新を知らせる機能
Google Search Consoleの機能の中に、ページの更新を検索エンジンに知らせる機能があります。それがクロールの中にある、「サイトマップ」のメニューです。
ここで登録する「サイトマップは人間が読むものではなく、検索エンジンが認識するものです。ですから、xml形式のテキスト文書なります。
<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″?>といった記述から始まり、中にページのURLや更新頻度が記載されています。

このxml形式のサイトマップ作成は、無料ツールを使うのがオススメです。たとえば、下記のようなオンラインツールがあります。

sitemap.xml Editor
http://www.sitemapxml.jp/

登録利用の実際
作成したサイトマップをサーバーにアップし、そのURLをSearch Consoleのサイトマップメニュー内の追加ボタンを使い、送信します。表示が変わりサイトマップの送信が終われば、完了になります。
なおWordpressを利用したサイトの場合は、このサイトマップに対応したプラグインも用意されています。これを使うと、自動でサイトマップの更新通知がおこなわれます。

さてこのサイトマップの送信ですが、目的としては検索エンジンにページの更新や新規ページの追加を伝えることですが、実際には数万ページ以上の大規模サイトでないと特に必要ないという意見もあります。
現在はクローラーの精度が上がっていますので、中小規模のサイトの場合は新規オープンやリニューアル、重要なコンテンツの追加がある場合以外はそれほど気にしなくても良いと思われます。むしろこうした操作をしなければインデックスをされない、というサイトは構造や情報設計に問題を抱えていますので、そちらを改善する方が先決です。

ちょっとした応用も覚えておきたい
xml形式以外のサイトマップの送信も、Googleは推奨しています。フィード、つまりRSS(またはAtom)形式のサイトマップ送信です。xmlは1日1回、フィードは更新した時にすぐに送信するというのがGoogleの指針です。

加えて近年はhtml以外の画像、動画が広く使われてきていますので、サイトマップにこうした情報を含めることが求められています。
とりわけ動画は重要度が高まっているコンテンツですが、まだ検索エンジンが十分にインデックスしきれないものです。ですからGoogleも公式アナウンスで、動画コンテンツの情報をxml内に含める、または動画専用のxmlを送ることを推奨しています。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c