Googleアナリティクスのセグメント機能とは

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

Googleアナリティクスのセグメント機能とは

Googleアナリティクス版のクロス集計
仕事でEXCELを使っての集計作業をしている、という方は多いでしょう。そこでは複数のデータを組み合わせた、クロス集計を使う機会も多いはずです。例えば性別で分けたり、年齢で区分したり・・・単純集計では知り得なかった情報を探るのに、クロス集計は大変有効です。

アクセス解析も同じで、標準レポートだけでは見えてこないデータが多くあります。Googleアナリティクスでは、「セカンダリディメンション」という二つ目の軸を組み合わせた分析が容易にできますが、「セグメント」という機能を使えるようになると、さらに強力な武器になります。
セグメントとは分割することです。レポートを分割して見ることで、より深い分析ができるようになります。

セグメント分析の例
セグメント利用の例を紹介しましょう。実際のアクセス解析でよく使うものです。

・コンバージョンの達成
成果のあったセッションでセグメントをかけます。これにより、サイトで目的を達成するユーザーの行動が把握できます。計画性を持ったサイト設計が行われていれば、シナリオ通りの行動で成果に至っているかの確認ができます。

・流入別
自然検索や広告、参照元といった流入経路別でセグメントをかけます。コンバージョンへの成果測定だけならコンバージョン数やコンバージョン率のみですが、その経路別のユーザーの動きを確認することで、より深い分析になります。

・デバイス別
アクセスデバイスがPCのみではない現在、非常に重要なセグメント分析になります。スマホとPC、タブレット別での行動を把握していきます。

・新規ユーザー
新規ユーザーとリピーターの動きは違うはずです。それを可視化するのに有効です。

セッションとユーザー
Googleアナリティクスのセグメントは大きく分けて、「セッション」と「ユーザー」をベースにしたものに分けられます。
デフォルトは「すべてのユーザー」となっていますので、「+セグメント」のボタンを押し、必要なものを選んでいきます。「新しいセグメント」を使い複数の細かな条件を組み合わせたり、「セグメントの共有」を使い他のユーザーとの共有も可能です。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら