ユニバーサルアナリティクスを使いこなす

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

ユニバーサルアナリティクスを使いこなす

Googleが提供する物に関する困り事
非常に良いものを無料、または安価で提供してくれるGoogleですが、頻繁に仕様や名称が変わるのは少し困りものです。Googleアナリティクスのレポート内もよく変わるので、以前の解説本やWebサイトを見ながら操作していると、混乱することも多々あるでしょう。機能は同じでも名称が変わっていた、というのもよくあることです。

「ユニバーサルアナリティクス」もそうした例の一つです。機能的にも進化しているので名称変更だけではありませんが、以前からのGoogleアナリティクス利用者にとっては、そのまま利用できていますので、バージョンアップがされたことを知らない方も多いでしょう。
2014年春にリリースされていますので、それ以降からGoogleアナリティクスを使い始めている場合は、このユニバーサルアナリティクスになっているはずです。

ユニバーサルアナリティクスの仕様変更
ユニバーサルアナリティクスへのバージョンアップに伴い、実は多くの仕様が変更になっています。いくつか紹介していきましょう。

・アナリティクス設定
ユニバーサルアナリティクスになり、以前はトラッキングコードを操作しないといけなかった設定のいくつかを、管理画面上でおこなえるようになっています。

・クロスドメイン集計
コーポレートサイトと製品、サービスサイト、オウンドメディアなど一つの会社で複数サイトを運営している場合も多いでしょう。複数のドメインをまたがっての計測が簡単になりました。

・クロスデバイス計測
ログイン機能を持つ会員サイトの場合では、PCとスマホ、スマホとタブレットといった異なるデバイス間をまたがっての計測が可能になっています。

設定の注意点
旧来のGoogleアナリティクスのサポートは、2016年春に終了しています。もし昔からGoogleアナリティクスを使用していて、ここ数年はサイト上のトラッキングコードは何もさわっていない(新規ページを作った場合は、以前からのページのものをコピペしている等)という場合は、一点だけ急いでチェックしましょう。

トラッキングコード内に「//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’~」の記載がない場合は、ユニバーサルアナリティクスになっていません。
「google-analytics.com/ga.js~」などは以前のコードですので、管理画面から新しいトラッキングコードを取得して、すぐに差し替えましょう。またイベントトラッキングの利用などカスタマイズを加えて設置している方は、その箇所も見直すようにしましょう。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c