検索ワードを知るには

ブログ

2016.05.10 Googleアナリティクス

検索ワードを知るには

良き時代
インターネットの世界は日々進化を遂げているはずです。実際、かつては紙媒体と同じくWebページ上に固定の広告枠を設けていたバナー広告は、今やめっきり減ってしまいました。一人一人のユーザー行動に合わせて異なる広告が表示される、リターゲティング広告が主流だからです。

ところが、アクセス解析では大きく退化してしまった出来事があります。
それは、「検索エンジンのキーワードが取得できない」ということです。正しくは実際にユーザーが検索した言葉ですから、「検索クエリが取得できない」という表現になります。
最近SEOに携わり始めた方には想像できないでしょうが、以前はフルで検索ワードの取得ができていたのです。

必須となったSearch Console
現在、Googleアナリティクスで検索ワードが取れなくなったのは、検索エンジンの仕様変更のためです。検索ユーザーの安全性、プライバシーの保護を重視した結果、SSLが導入され、キーワードが見えなくなりました。

元になる検索エンジンの仕様が変更されていますので、Googleアナリティクス以外のアクセス解析ツールでも検索キーワードは取れなくなっています。
今現在、検索キーワードがレポ―ト上に出ているのは、他の検索エンジンからの流入です。yahooも本来であればSSL化をしているはずなので、今後取得できるキーワードはますます減っていくでしょう。

現在検索エンジンからオフィシャルに検索キーワードに関する情報を知ることができるのは、Googleが提供するSearch Consoleの、「検索アナリティクス」からになります。
連携させることで、Googleアナリティクスの「集客」内の「検索エンジン最適化」、「検索クエリ」レポートでもキーワードの確認をできるようになります。

Yahooの確認はどうする?
Search Consoleでキーワードの取得ができるのは、Googleからの検索のみです。もう一つの主要検索エンジンであるYahooに対してはどうすれば良いでしょう?
下記のような手段が考えられます。

・Googleのキーワードを参考にする。
・Yahooのリスティング広告の結果をもとに考える。

他に過去のキーワードデータを基にするということも言われますが、移り変わりが激しいのと、過去のキーワードデータが蓄積されているという条件になりますので、新しいサイトでは対応できません。
上の方法も推測という形にはなりますが、キーワード取得ができなくなっている現状の中では、最適な方法でおこなうことしかありません。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c