内部対策に役立つツールの紹介

ブログ

2016.05.10 SEO

内部対策に役立つツールの紹介

内部対策は押さえておくべきこと
SEOは複雑化していますが、実は大規模サイトと中小サイトでは基準が違います。
これはあまり言われないことですので、中小のWebサイト担当者はよく覚えておくようにしましょう。

中小のWebサイトでは基本的な内部対策をしっかりおこなうだけで、結果がずいぶん変わってきます。内部対策でチェックする項目は、主に次のようなものです。

・mataタグの最適化(titleとdescription)。
・ぺージ内のSEOワード出現比率。
・見出しタグ。
・ページの表示スピード。

必須ではありませんが、最低限覚えておくと良いのがこれらです。
これを簡単にチェックできるツールが、いろいろあります。

オンラインツールで手軽にチェック
ツールには、有料のものや登録をして使うタイプなどいろいろありますが、ここでは料金も登録も不要、すぐに使えるものだけを紹介していきます。

・SEO 高屋
http://seo-takaya.com/
URLを入れるだけ。titleとdescription、キーワードの出現率といった、必要な情報がすぐに出てきます。最終更新日時などが確認できるのも、嬉しいポイントです。ソーシャルメディアの情報も出てくるので、全体をつかむのに最適です。

・itomakihitode.jp
http://itomakihitode.jp/
対策したいワードでの順位チェックとともに、内部対策の解析結果が出ます。
またこのツールは、レーダーチャートで競合の上位サイトと、自サイトの比較も出ます。
ページランクなど少し項目として古いのが難ですが、チェックの一助にはなります。被リンク数も出るので、外部対策のチェックも同時におこなえます。

上位サイトも一括検証
次に自サイトとともに、競合に関する情報が表示されるツールを紹介しましょう。

・talabagani.jp
http://talabagani.jp/
キーワードとURLを入力すれば、すぐにチェックが開始されます。このツールが良い所は、検索での上位サイト(検索結果の1ページ目)の内部情報が一括で出てくることです。

表形式になっていますので、キーワード出現率や発リンク数といった数値を比較しやすくなっています。
csv形式で結果を保存できますので、EXCELを使い詳細な分析もできそうです。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c