Facebook広告ターゲティング 類似オーディエンスの活用法

ブログ

2016.07.28 SMM コンバージョン

Facebook広告ターゲティング 類似オーディエンスの活用法

「Facebook広告はやれる事が多くてどの機能を使えば良いのか分からない」恐らくこのように感じている企業のWeb担当者様もいらっしゃると思います。

特にターゲティングを詳細にできる事はとても強みではあるのですが、実際にどれを使えば良いのかも分からないかもしれません。そこで今回は既に自社が所有している情報を生かしたターゲテイングができる「類似ターゲティング」について解説していきます。

1.そもそも類似オーディエンスとは

そもそも類似オーディエンスとは一体なんでしょうか。簡単に解説すると、自社のお客様や見込み客によく似たユーザーを広告のターゲットにする事ができる機能です。

自社のお客様や見込み客とは、既にある顧客リストのお客様や、指定したサイトのページにアクセスした人、フェイスブックページのファンなどを指します。

2.どんな時に使うべきか

”類似”というように、既存顧客などと共通の特徴を持ち、まだターゲティングができていないFacebookユーザーに配信などができます。そのため、既に存在する自社の優良顧客に近い人をターゲットにする事が可能になります。

2-1.類似オーディエンスで得られるメリットは

類似オーディエンスで得られるメリットは大きく分けて2つあります。

ひとつはCV数(コンバージョン数)の獲得の増加です。既に顧客となっているお客様に近いターゲットに広告を配信する事ができるため、自然と有力な見込み客にアプローチする事が可能になっています。

もうひとつは費用の削減です。上のCV数の増加と同じ原理ですが、自然と優良な顧客にアプローチする事ができます。そのため、余計な広告費を掛ける事なく、効果的な広告配信をする事が可能になります。

3.類似オーディエンスの注意点

類似オーディエンスはとても便利な機能なのですが、扱う時に気をつけるべき部分もあります。代表的な事は、「100人以上のソースオーディエンス」が必要だという事です。

ソースオーディエンスとは、類似オーディエンスのベースとなるリストのようなものです。例としては、Facebookページのファンから類似オーディエンスを作成する場合は、そのページのファンがソースオーディエンスとなります。ソースオーディエンスはある程度多い方がターゲティングの精度も高まります。

4.類似オーディエンスの作成ステップ

類似オーディエンスを実際に試してみたいという方もいるはずなので、その解説もしていきます。

4-1.オーディエンスにアクセス

まずは、広告作成のページに移動して、「オーディエンス」にアクセスをします。そして左上の「オーディエンス作成」をクリックして、「類似オーディエンス」選択します。

4-2.ソースの選択をする

ソースとはアプリ、コンバージョンピクセル、Facebookピクセルなどに基づいて、あらゆるカスタムオーディエンスの事です。

類似するユーザーを見つけたい国や地域を設定して、希望するターゲット層の規模を選択してください。そして最後に「オーディエンスを作成」を選択して終了です。

5.最後に

広告作成時に類似ターゲティングを使うと、ターゲットの絞り込みをする事ができます。

ターゲットの絞り込みがしっかりと行う事ができれば、余計な費用が掛からなくなるため、費用対効果が高まります。

テストをする事も含めて活用していってください。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c