SEOキーワードからニーズを知り検索上位表示を達成する3つの方法

ブログ

2016.08.05 SEO コンテンツSEO

SEOキーワードからニーズを知り検索上位表示を達成する3つの方法

ここ最近流行っている「コンテンツSEO」という言葉があります。コンテンツSEOとは、良質なコンテンツを継続的に作成することで、検索エンジンからの流入を増加させる方法です。

今や多くの企業がこぞってこの手法を取り入れているのですが、実際に適切なコンテンツ作成をできているところが多いとは言い難いでしょう。

また、コンテンツ制作を行う際には必須となる事項が幾つかあります。

この方法を理解して実践に移さないと、本当に結果の出るコンテンツをSEOを行うことはできません。そこで今回は本当に必要なコンテンツSEO行うために、SEOキーワードの対策について解説をしていきたいと思います。

1.SEOキーワードからニーズを汲み取る

「SEOキーワードとはいったい何なのか」実際にGoogleやYahoo!の検索エンジンで調べるときに、検索窓に調べたい事柄を入力すると思います。そこの検索窓に入力する文字の事をSEOキーワードと言います。

このSEOキーワードからユーザーのニーズは理解ができ、それに対して適切なコンテンツを届ける事が出来れば、自然とユーザーに対して適切かつ良質なコンテンツを届ける事が出来ます。

もしあなたが次の週末に、「美味しいイタリアンのランチを食べたい」と考えたときに、インターネット上で検索をする事があると思います。

そのときに適切なコンテンツが表示されれば、ユーザーは満足し、SEO上位表示も達成されます。当たり前の事かもしれませんが、意外とこのような事ができていない場合が多く見受けられます。

1-1.キーワードプランナーでニーズを知る

Googleのキーワードプランナーを使うことで、ユーザーのニーズを無料で汲み取ることができます。あなたがこれから対策していきたいと考えているキーワードを入力することで、

  • そのキーワードでどれくらいのアクセスが見込めるのか
  • そのキーワードはどのくらいのユーザーから求められているのか

この二つが理解できます。

適切なキーワードを知ることで、コンテンツを作成する際には必要な情報になるのです。

1-2.SEOキーワードからニーズを知った後は?

SEOキーワードを調査して、どのようなニーズがあるのかを知った後は、それにニーズに対して良質なコンテンツを作成する必要があります。

例えば「新宿 ラーメン ランキング」と検索するユーザーのことを考えたときに、コンテンツを作成する側としては、そこのニーズを汲み取る必要があります。

  • 新宿で人気のラーメンを知りたい
  • 新宿の美味しいラーメン屋を知りたい

このようなニーズを考えられます。また、さらに深堀りしてユーザーのニーズをくみ取る事を意識するのであれば、「新宿の中でも地域を分けてコンテンツを作成する」などのコンテンツ作成方法もユーザー目線に立っているため、効果的な方法になります。

例えば、新宿の中でも「西新宿」「東新宿」「南口方面」で分けたりなど。このような工夫をする事で、よりユーザーのためになるコンテンツに繋がるでしょう。

1-3.SEOキーワードから連想する

一つのキーワードから一つのニーズを求めるだけでは、いまひとつ物足りないコンテンツになる可能性があります。

Aという大きなキーワードがあるとしても、そこから連想されるBやCといったキーワードのニースにも答える事で、検索上位表示を達成する事ができます。

あまりにも情報を網羅しすぎると、逆にユーザーにとって分かりにくいコンテンツになる可能性があるため、遣り過ぎはよくありませんが、それなりの範囲を抑えられるようにしておきましょう。

2.結局は良質なコンテンツを作る事

何度も繰り返しになりますが、結局は「良質なコンテンツ」を作成する事がSEO上位表示を達成させるための鍵になります。

  • 対策したいSEOキーワードを挙げる
  • そのキーワードから予想できるニーズを挙げる
  • キーワードから連想されるニーズも同時に汲み取る
  • コンテンツを作成する

この流れをしっかりと抑える事が出来れば、SEOキーワードを狙い撃ちして、検索上位表示を達成する事ができます。ぜひユーザーのニーズを捉えて良質なコンテンツを作成してみてください。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c