アマゾンのプライム会員が一億人を突破!日本のEC化率は?

ブログ

2018.05.29 Webマーケティング

アマゾンのプライム会員が一億人を突破!日本のEC化率は?

先日、
アマゾンのプライム会員が一億人を突破したとの事で、
世間を大きく騒がせましたね。

かく言う私も、
ほぼ生鮮食品以外の買い物は、ほぼネットで済ましております。
何といっても、簡単、便利、安い、送料無料とくれば、
もうネットだけ見てれば事足りるくらいの生活必需品ですね。

そこで、今、日本の市場はどれだけEC化されているのか、
調べたいと思います。

EC化率

 

EC化率って?

EC化率とは、すべての商取引の内、電子商取引(Eコマース)が占める「割合」のこと。

BtoCのEC市場規模とEC化率の推移

※経済産業省の最新の調査結果より引用
http://www.meti.go.jp/press/2017/04/20170424001/20170424001-2.pdf

 

2016年度のBtoCにおける日本国内のEC市場規模15兆1,358億円で、
対前年比9.9%の伸び率となりました。

また、BtoCの中の、物販系分野のEC化率5.43%で、対前年比10.6%増になりました。

国内のEC市場は、BtoC、BtoB、CtoCともに、拡大傾向にあることがわかりました。

ただし!全体では、まだたった5%程度とのこと!

こんなにネットショッピングが浸透していしているのに、
95%はまだまだリアル店舗の買い物なんですね、、。

 

世界のEC化率は?

世界のEC化率といえば
アメリカは7%中国は15%を超えております。

日本ECの普及は少し遅れています。
そこには、物流インフラが整っていない問題点もあるのかもしれません。

どこの国にも言えることですが、現実の問題として、
物流の解決策がない事には、EC化が飛躍的に伸びることは難しいかもしれません。

多様なECマーケティングが市場を活性化できれば、
物流の人手不足という大きな問題があったとしても、
コンビニ受け取りのような新たなサービスでどんどん解消し、
今後もEC化率は上昇してゆくことでしょう。

また、AIを使ったチャットボットサービスや、
ビッグデータによる新規ユーザーの獲得など
ECマーケティングも進化を重ね、新たな顧客を獲得してゆく事でしょう。

いざ、EC事業に参入したものの、
売上が上がらない、顧客が獲得できないと、
苦境に立たされている企業もあるかもしれません。

しかし、EC化率のデータを見る以上、
御社に時代が追い付いていない、、とも考えられるのです。

そして、
長期運用を考えるならランニングコストのかからない自社サイトの構築がおススメですよ。

「ECサイト制作.com」にぜひ立ち寄ってください!

オンラインショップ

→ 売れるECサイトの企画・構築・運用なら「ECサイト制作.com」

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら