いまさら聞けないインフルエンサーマーケティングの基礎知識

ブログ

2018.11.09 Webマーケティング

いまさら聞けないインフルエンサーマーケティングの基礎知識

こんにちは!ディレクターのヒロオカです。

初めてSPCのブログに投稿するので緊張しています、文章が固いところなどありますが、ご容赦ください。

この度は、インフルエンサーマーケティングの基礎知識について書いていきたいと思います。

そもそもインフルエンサーって?

インフルエンサーという言葉自体は、耳にしたことがあると思います。

乃木坂46の曲のタイトルになったりもしていて、割とポピュラーな印象ですが

具体的な意味を知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

 

英語で表記すると「Influencer」

「Influence」という単語の名詞系で

「他人に影響をもたらす人」という意味になります。

 

具体的な例をいくつか挙げると

・著名人

・芸能人

・有名ブロガー

・SNSで多数のフォロワーを抱えているユーザー

などがインフルエンサーとして認識されています。

 

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーを、企業や商品・サービスの情報の拡散を目的として活用し、

市場における認知度を向上させるマーケティングを、インフルエンサーマーケティングと言います。

 

具体的にどういったことをするのか

PRしたいサービスや製品を、インフルエンサーに利用してもらい

レビューなどをSNSやブログに投稿し情報をフォロワーへ共有し、拡散などを誘導。

主に認知されているのは、この方法でしょうか。

 

他にも、イベントにインフルエンサーを招待する方法などがありますが、

情報を拡散し認知度を向上させる、という目的は共通しています。

 

当然、PRしたいサービスや製品によって、相性の良いインフルエンサーは異なりますので

適切なインフルエンサーを選出するのが肝となります。

フォロワー数が多いからといって闇雲に芸能人などを使えば良い、という風に単純ではありません。

このあたりは、インフルエンサーマーケティングの難しくも面白い点ですね。

 

ステルスマーケティングとはなにが違うのか

混同されがちな、ステルスマーケティングとの違いを説明していきます。

 

・ステルスマーケティング

ステルスマーケティングは「消費者に宣伝行為と明かさずに宣伝行為をすること」を指します。

つまり、インフルエンサーが企業と金銭的な契約を交わしているのにもかかわらず、

それを明かさず、企業とは無関係のユーザーを装って口コミなどを投稿する形になるため、

他のユーザーを「騙す」行為になります。

 

・インフルエンサーマーケティング

一方のインフルエンサーマーケティングは、企業のPR活動であることを”必ず”明示して行うので

ユーザーは「PR活動である」ということを認識した上で、インフルエンサーの発信している情報を受け取り、参考にします。

 

まとめると

・ステルスマーケティング=企業のPRであるということを明示しない

・インフルエンサーマーケティング=企業のPRであるということを明示する

というのが明確な違いになります。

 

インフルエンサーマーケティングを運用する際は、

ステルスマーケティングと勘違いされないよう「#企業名_PR」といったタグを活用するなど、

プロモーションであることを明確にするためのルール作りも、必要不可欠となります。

 

おわりに

インフルエンサーマーケティングの基礎知識は、以上となります。

いかがでしたでしょうか。

他にも、フォロワー数によるインフルエンサーの分類や、インフルエンサーを活用するメリットなど

まだまだお話ししたいことは沢山ありますので、別の機会に書ければと思います。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら