リスティング広告を運用するメリットについて

ブログ

2016.04.13 プロモーション

リスティング広告を運用するメリットについて

リスティング広告には、今までのインターネット広告になかったメリットがたくさんあります。
最近のインターネット広告で注目を集めるリスティング広告には、どんなメリットがあるのでしょうか?


関心が高いユーザに向けて配信ができる

リスティング広告は、ターゲットを絞りやすく狙いやすい広告なので、
その広告に関心を持ったユーザーに対して効果的に配信ができます。
設定をすることで、広告を見て欲しいターゲットユーザー層をより絞っていけるため、
配信したい内容に関心のあるユーザーに見てもらえるチャンスが増えるワケです。
ちなみに、設定は広告に関連するキーワードやターゲットユーザーの属性などが主です。
広告主がターゲットを絞り、架空のターゲットユーザーを構築することで、
リスティング広告のより細かい設定が可能になるので、関心のないユーザーに広告を配信するロスが減ります。
特に肝とも言えるキーワード設定は、クリック率やセールス率をリアルタイムに分析しながら
複数のキーワードを設定できるのでとても便利です。


無理のない範囲で始められる

リスティング広告の広告料金は、クリックされて初めて発生するシステムです。
しかも、クリック単価も広告主が決めるので、無理のない予算範囲で出稿できます。
さらに、1日のクリック上限も設定できる上に、途中で料金設定を変えたり、
追加したりもできるので、柔軟に無理のない予算内で運用ができます。
広告枠を買い取るバナー広告のような従来のインターネット広告とは、料金システムも違います。


リアルタイムに分析ができる

従来のバナー広告などは、一度出稿してしまうと細かい設定変更ができないので、
細かいデータの分析が難しいです。
リスティング広告は、リアルタイムに運用状況を把握できるので、
目標達成のための変更や改善などが簡単にできます。
クリック率やセールス率をリアルタイムにチェックするのは、目標達成のために不可欠ですよね。


広告掲載がスピーディ

リスティング広告は、アカウント作成をしてから掲載までがスピーディなので、
お試し感覚で配信することもできます。
とりあえず配信してから、現状を見ながら設定を見直していくという方法もできるので、気軽に始めやすいのです。
スピーディなのは、初めの出稿時だけではありません。
配信停止や期間設定もスピーディにできます。
また、一度アカウントを作ってしまえば、追加広告の掲載もスピーディなので、手続きにかかる時間を削減できます。
リスティング広告は、ターゲットユーザーを絞れること、手続きがスピーディ、設定が細やかにできること
の3つが主なメリットになります。
これらのメリットは、今までのインターネット広告にはなかったので、
運用者のテクニックによって、さらに目標達成率を上げていける可能性があるということです。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c