コラム

採用担当者様が抱える問題や悩み、就職活動・転職活動についての情報をまとめたコラム記事を日々更新しております。
採用活動に役立つ情報、耳寄りな情報、為になる情報を発信していきます。是非ご覧ください。

  • 採用ブランディング

採用HPとは?採用HP制作のメリットとデメリット、ポイントを解説します!

導入

現代における求職者は、インターネットを中心に情報収集を行います。そのため、企業のHPは大切な情報源ではありますが、企業HPだけでは十分な採用情報を伝えることはできません。しかし、求職者向けの採用HPを制作すれば、採用に関する情報をしっかり求職者に伝えることができます。この記事では、採用HP制作のメリットとデメリット、他社と差をつけるポイントを解説します。

 

採用HPとは

採用HPとは、自社専用の採用案内特設サイトです。具体的な仕事内容や福利厚生、ビジョンなどを分かりやすく紹介し、企業の魅力を伝えて求職者の応募に繋げる役割を担っています。

 

採用HPを制作するメリット

ここでは、採用HPを制作することによって得られるメリットを3つ解説します。

 

情報を自由に掲載できる

人材獲得競争で一歩先をいくには、独自の採用HPを活用して自社の魅力を丁寧に発信していくことが重要です。

決められたテンプレートに沿って情報を入力する外部の求人媒体とは異なり、採用HPは自社でデザインや掲載内容を自由に決めることができます。応募者に対して特に強く伝えたいことを優先して掲載するため、圧倒的に多い情報量を最も効果的な形で発信できる点は大きなメリットです。

 

応募者の質を上げることができる

求職者が就職活動をするにあたり、応募先企業のHPなどを利用して企業研究をすることは今や当たり前の時代です。しかし、通常の企業HPでは採用関係の詳細な情報を入手しづらい面があります。採用情報に特化した採用HPで自社の魅力を発信し、より深く企業研究のできる環境を整えることで、結果として応募者の質の向上に繋げていくことが可能となります。

 

採用コストを下げることができる

1人あたりの採用コストは年々上昇傾向にあります。採用コストの中でも特に肥大化してしまいやすいのが、人材紹介や求人媒体による採用です。また、わざわざ採用しても入社後のミスマッチから早期離職してしまうと採用コストが無駄になってしまいます。しかし、効果的な採用HPを制作して運用すれば、人材紹介や求人媒体に依頼せずとも応募者を集めることができます。さらに、採用に関する情報を丁寧に掲載しておけば、入社後のミスマッチによる早期離職も削減できます。

 

採用HPを制作するデメリット

ここまでは採用HPを制作するメリットについて解説してきましたが、採用HPの制作には制作コスト・運用面のデメリットも存在します。ここでは、この2点について解説していきます。

 

制作には相応のコストがかかる

採用HPは採用コストの削減に大きな役割を果たしますが、当然ながら制作にあたっては相応の費用がかかります。制作会社に依頼した場合、100万円以上のコストがかかってしまうこともあります。そのため、採用HPを制作する際にはあらかじめ、採用予定人数と照らし合わせて、費用対効果が見込める予算設定をしておきましょう。

 

運用に手間と時間がかかる

採用HPの制作には労力・時間がかかります。制作会社に依頼する場合であっても、全て制作会社に丸投げという訳にはいきません。代表メッセージや画像の撮影をはじめ、自社対応を求められるコンテンツもあるため通常業務と同時進行で準備する必要があります。また、完成した後も更新作業などの運用に手間がかかるため、採用HPを制作する際は運用を念頭に置いたスケジューリングをしておきましょう。
次のページ2.他社と差をつけるポイント

1 2

注目コンテンツ

まずはお気軽にご相談ください。
採用サイト制作のプロが御社に
最適な採用サイト制作をご提案します。