「シークレット モード」でもキャッシュは残る

ブログ

2019.04.17 その他Webの話

「シークレット モード」でもキャッシュは残る

はじめに

どうも、コーダーをやっているものです。

Webサイト制作会社の頭を永遠に悩ませ続ける”キャッシュ”。

「頼んだ修正がされてないじゃないか!」とクライアントの信頼を損ねる代表格です。

 

そこでスーパーリロード(Ctrlキーを押しながらF5キーを押す)をしてもらい、キャッシュを削除してもらったり、
各ブラウザのシークレット モードで閲覧してもらい、キャッシュの残っていない状態で閲覧してもらったりするのが手っ取り早い対処法。

 

ですが最近、「シークレット モードで見ているのに画像が修正されてないぞ!」というお言葉を頂きました。

そこで今回は、多くの方が抱えているであろう、シークレット モードに関する勘違いをご紹介いたします。

 

 

注意

「シークレット モード」の呼び方は各ブラウザによって違いますのでご注意を

  • Chrome:シークレット ウィンドウ、シークレット モード、プライベート ブラウジング
  • Firefox:プライベートウィンドウ、プライベートブラウジングモード、プライベートブラウジング
  • Internet Explorer:inPrivate ブラウズ、InPrivate タブ、InPrivate ウィンドウ
  • Edge:inPrivate ブラウズ、InPrivate タブ、InPrivate ウィンドウ
  • Safari:プライベートウィンドウ、プライベートブラウズ、プライベートブラウズ ウィンドウ

以下の説明では、下記の2つの呼び方のみ使わせていただきます。

  • シークレット モード
  • シークレット ウィンドウ(シークレット モードで開かれているウィンドウ)

 

 

よくある勘違い

タイトル通り、シークレット モードでもキャッシュは残ります。

よくネットの記事で「シークレット モードであればキャッシュも Cookie も残りません!」と書かれていますが、正確には「シークレット ウィンドウを閉じれば残りません」という意味なのです。

よって、シークレット ウィンドウを開いている間は通常通り残ります。

冒頭で挙げた「シークレット モードで見ているのに画像が修正されてないぞ!」とおっしゃった方は、
修正前から修正後の確認まで、ずっとシークレット ウィンドウを開きっぱなしだったのです。

ここでさらに注意すべきなのが、1タブでも残っていればキャッシュや Cookie は残り続けるということ。

「新しくシークレット ウィンドウを開けばいいんでしょ?」といいつつ、
元々使っていたシークレット ウィンドウを開いたまま新しくシークレット ウィンドウを開いても、キャッシュや Cookie は引き継がれます。

引き継がれるというより、ウィンドウを分けてるだけで、同じキャッシュ・Cookieを使っています。

普段ブラウザを使う際、ウィンドウを2つに分けたからといって片方だけ Amazon からログアウトしてたりするでしょうか。

それと同じです。

シークレット ウィンドウを閉じずにキャッシュを更新したい場合は、やはりスーパーリロードが必要となります。

※5大ブラウザのうち、 Chrome と Safari 以外は通常のリロードでもキャッシュが更新されるようです。

 

 

関連記事紹介

もしこの記事をコーダーの方が見ているようであれば、ぜひ下記の記事もご覧ください。

CSSやJavaScript・画像のキャッシュを自動で更新する方法を紹介しているので、クライアントに「キャッシュを更新してください」という機会が激減すること間違いなしです。

古いキャッシュ撤去委員会

jQueryで全部の画像のキャッシュを強制更新してみた

 

 

おわりに

弊社では、分かりやすく丁寧なご提案を心がけています!

「Webサイト制作を依頼したいけど、専門用語ばかりで説明されても困る!」

そんな方はぜひ弊社にお問い合わせください!

お問い合わせ

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら