2021年の採用サイトはこれが来る?!デザイン予想まとめ

ブログ

2019.06.26 Webデザイン

2021年の採用サイトはこれが来る?!デザイン予想まとめ

2020年卒の就職活動が始まり、もう内定が決まっている学生も少なくない中、
既に2021年卒向けのインターンシップがさまざまな企業で行われています。

今回は、前回の【2020年の採用サイトデザインまとめ10選!】に基づき、
【2021年の採用サイトはこれが来る?!デザイン予想まとめ】をご紹介いたします。

 

フラットデザイン2.0

フラットデザイン2.0とは、普通のフラットデザインとは違いフラットデザインの良さを残しつつ、
ドロップシャドウやグラデーション、マイクロインタラクション、パララックスなどを
積極的に取り入れたユーザビリティの高い手法になります。

マルチデバイスに対応させやすいフラットデザインは2018年から継続して人気がありますが、
今後もこの人気は続きさらに進化していくのではないでしょうか。

 

鮮やかなカラーバリエーション

大胆な色使いはファッションブランドサイトやクリエイティブ系のサイトでなければ難しいと言われることもありますが、
採用サイトということで明るく鮮やかな色使いをするサイトは求職者の注目を集めるでしょう!

思い切って明るく鮮やかな配色をすることで活気のある企業というイメージを持ってもらえるのではないでしょうか。

 

グラデーション

時代が変わるにつれてグラデーションの種類も変わってきています。

グラデーションは、デザインに深さとスタイルを加えることができ、
テクスチャ背景と組み合わせるとサイト全体の効果を高めることができます。

 

明るい色彩の画像のオーバーレイ

さまざまな色を混合させてテクスチャパターンと組み合わせると、とても面白いレイアウトになります!

近年トレンドとしてあげられている、2つの色の組み合わせで表現した『デュオトーン』というデザイン手法は
今後も使用されるのではないでしょうか。

音楽サービス『Spotify』のWebサイトでも使用された影響からか、
コントラストが強めの写真をビビッドな色のデュオトーンに加工する方法が多く見受けられます。

【デュオトーン】に関しては、是非こちらの記事も参考にしてみてください!

 

印象的なイラスト

イラストはどの時代のトレンドでもあげられていますが、その種類は時代によってさまざまです。

採用サイトでは、社員の顔がわかる写真が多いサイトやユニークで印象的なイラストを使っているサイトなど、
業種でも分かれている印象です。

 

アイソメトリック

アイソメトリックとは『アイソメトリック・プロジェクトション(Isometric Projection)』を略した言葉で、
日本語では『等角投影法(等角投影図法)』と呼ばれています。

横幅、奥行き、高さの軸がそれぞれ120°になるように描く図法のことで、
イラストの他にもインテリアや建築物の作図に使われることが多い図法です。

アイソメトリックによりイラストに立体感をもたらすことで、
平面的なWebサイトの世界に三次元的な世界をつくり出すことができます。

このデザインは近年注目されるようになり、既に使用している採用サイトでは実際にオフィスで働いている様子を
アイソメトリックで表現したりと、求職者に伝わりやすいデザインになっています。

 

2Dと3Dの組み合わせ

3Dオブジェクトを2Dの空間に配置するデザインで、3Dが持つ奥行きと2Dが持つ平面性が組み合わさることにより、
独特なビジュアル上の美しさを生み出すことができます。

この手法はロゴや動画などWebサイト上のさまざまなデザインに用いることができます。

 

モバイルファースト

2018年にGoogleの『モバイルファーストインデックス』が開始され
モバイルファーストデザインはサイトデザインをする際の常識になってきています。

ユーザーのスマートフォンの持ち方や親指の動きに合わせたレイアウト、
ナビゲーションの位置などを実際に確認しながら行う必要があります。

 

押しやすいボタン

採用サイトの効果を発揮させるためには、エントリーボタンをわかりやすくすることはとても重要です!

求職者がエントリー方法に迷わない色使いで且つ押しやすいサイズのボタンにすることで、
高い意欲を持ったままエントリーまで進むように促すことができます。

 

小さな画面での表示を意識

スマートフォンはパソコンと比較すると画面サイズが小さいため、一度に表示することができる情報量も限られてきます。
そのためいかに小さな画面で伝えたいこと伝え、ユーザーが探している情報が見つけやすい設計になっているかが大切です!

パソコンとスマホで表示される情報量が違っても問題はありません!
大切なのは、それぞれのユーザーのニーズにデザイン設計を行うことです。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回紹介したデザインはごく一部で、近年のトレンドや時代の流れで変化している手法などさまざまです。

業種などによっても見せ方は変わるので一概には言えませんが、サイト内の一部で使われるデザインであったり、
さまざまなデザインを組み合わせることでより良いサイトに仕上がるのではないでしょうか。

 

弊社では、魅力的で且つわかりやすさを追求したWebサイトをご提供いたします!
是非お気軽にお問い合わせください!

🐧 SPCへのお問い合わせはこちら

 

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら