Google広告の品質スコアを上げるには

ブログ

2020.08.12 リスティング広告

Google広告の品質スコアを上げるには

日々リスティング広告を運用している中で重視している指標は多々あります。

キーワードの重要指標の一つは「品質スコア」です。今回の記事は「品質スコア」とは何なのか、どうやって改善するのかについてご紹介します。

 

品質スコアとは

品質スコアは、広告やキーワード、ランディング ページの品質を表す指標です。品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます。

参考URL:https://support.google.com/google-ads/answer/140351?hl=ja

 

つまり、検索するユーザーにとって品質の高い広告なら優先的に表示され、CPC(クリック単価)も安くなる傾向があります。

 

品質スコアはどうやって確認するの?

品質スコアは1~10 段階評価があり、広告アカウントの管理画面から確認できます。

「検索キーワード」画面で「表示項目」をクリックし、「品質スコア」にチェックマークを入れると、一覧でキーワードごとの品質スコアを確認することができます。

リスティング広告 品質スコア 確認方法

 

こちらが弊社で実際に運用しているアカウントの一例です。

リスティング広告 品質スコア

 

品質スコアを改善する方法

品質スコアは三つの要素で構成されています。それぞれの改善ポイントを見ていきましょう。

 

・推定クリック率

「推定クリック率」は、広告が表示されたときにクリックされる可能性を表します。このスコアは、広告の過去のクリック率に基づいて算出されます。広告の掲載順位や、広告の視認性に影響する他の要素(広告表示オプションなど)による効果は考慮されません。

クリック率を向上させるには、魅力的な広告文を作成することが必要です。価格など具体的な数字を使ったり、期間限定やブランド型の広告文は効果的です。

 

・広告との関連性

「広告の関連性」は、キーワードと広告に含まれるメッセージとの関連性の高さを表します。平均スコアより低い場合は、広告が一般的すぎるか具体的すぎるため、ユーザーの検索語句に対応したものになっていない、またはキーワードがお客様のビジネスと関連していないことを意味します。

関連性を改善するには、広告のタイトルと説明文両方にキーワードを入れるのが効果的です。

一つの広告グループ内に複数のキーワードが含まれることが多いので、アカウント設計の際に同じ種類のキーワードが1グループになるようあらかじめ振り分けに心がけましょう。

 

・ランディングページの利便性

「ランディング ページの利便性」は、広告をクリックしたユーザーにとってランディング ページがどれくらい関連性があり、役に立っているかを表します。ランディング ページのコンテンツとユーザーの検索語句との関連性の高さや、ページでの操作のしやすさといった要素が考慮されます。

広告のリンク先がユーザーにとって役に立つコンテンツを提供しているかどうかがポイントになります。

自社の商品やサービスの明確さ、スマホの最適化、ページスピードなどから改善するといいでしょう。

ページやサイトの改修が難しい場合はLPにある文言をなるべく広告文に使って高い関連性を図っていきましょう。

 

品質スコアが高くなるメリット

冒頭でもお話した通り、キーワードの品質スコアが高くなるとクリック単価が下がる傾向があります。限られた予算の中でより多くのクリックを稼ぐことが可能になり、コンバージョン数もより多く見込まれます。

 

まとめ

品質スコアは広告運用のパフォーマンスを判断する重要な指標であることは確かですが、あくまで指標の一つですので、気にしすぎることもありません。

全体の推移や成果を見ながら改善を行っていきましょう。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら