売れる!?イケてる!!効果的なランディングページについて

ブログ

2021.10.01 Webブラウザ

売れる!?イケてる!!効果的なランディングページについて

みなさんこんにちは!

営業のSです。

今回は売れる?イケてる!!効果的なランディングページについてご紹介をさせて頂きます。

その前にイケてるってなに??など思われるかと思いますが(笑)

イケている=構成がしっかりしていて、わかりやすいランディングページのことを私が勝手に言ってます(笑)

そもそもランディングページってなに?という方も多いかと思いますので、

ランディングページとは、ということからご説明いたします。

 

ランディングページとは

Web広告やブログ、SNS広告などを経由して訪れるサイト=ページのことです。

広告をクリックしてページに着地する様子(landing)というイメージからこの名前がついています。

LPと略して呼ばれることもあります。

 

ランディングページはサイトを訪れたお客さんに迷わず行動してもらうページになります。

商品購入や製品問い合わせ、連絡先登録などコミットしてほしい行動をしてもらうページです。

なので、ランディングページはユーザーになってくれそうなお客さんが最初に訪れるページで、

ランディングページ次第で売上が決まるといっても過言ではないくらい大切なページとなっています。

 

ランディングページの役割

ランディングページは訪れたお客さんを「迷わず誘導する」サイトです。

製品に興味があるお客さんは、まずランディングページの内容をネット上で見て決めます。

ダメな=イケてないランディングページをどれだけたくさんの人に見てもらっても、ユーザーは増えません。

なので、優れた=イケているランディングページを作る必要があります。

 

イケているランディングページの構成とは

通常話の流れは「起・承・転・結」で話すかと思いますが、ランディングページは違います。

 

ランディングページでは「結・起・承・転」での訴求が一番効果的です。

「起・承・転・結」でページの構成をすると、違和感なく読めますが印象が薄い=「導入部での掴みが弱い

お客さんが知りたい情報や、読みたいと思うきっかけを作らなくてはなりません。

これができないとお客さんが離脱=サイトを離れていってしまいます。

知りたいや読みたいとお客さんに思ってもらうには、当たり前ではいけません!!

起承転結の話をランディングページのイケている構成である「結・起・承・転」で紹介いたします。

 

ファクトリング業界を例にしてご説明をさせて頂きます。

結・・・(誘導効果)

業界ナンバーワンの買取率。○○円で買い取り成功!!!その秘密は・・・

ファクトリングってなに??なにが必要なの?わからないことは当社にお任せください!

ユーザー心理:この会社に頼むとこんなに高く買い取ってくれるのか。しかもWebで完結するのか。

 

起・・・(心理共感)

色々なファクトリング会社あるけど、なんで高いの?怪しそう。高いってことはあとは自分で書類とかやらないといけないでしょう??そんなこと考えるあなた!!こちらをご覧ください。

ユーザー心理:でも、業界ナンバーワンなんてどこのサイトも言っているけど、短時間で回答もらえるのはいいな。やっぱり怪しそうだし、裏ありそうだな。自分で色々書類手続きなどめんどくさいのは嫌だな、任せたいな。

どのくらいになるのかわかんないな。

 

承・・・(効果検証)

簡単シミュレーション!!今すぐいくらで買い取れるかがわかります。今なら相談無料!!即日24時間以内に回答!!

ユーザー心理:ユーザーがシミュレーション実施や他社比較実行できるのはいいな。

 

転・・・(決定)

ユーザー心理:この会社に依頼しよう!

 

このようにお客さんが困っていること、「初めてで不安」「めんどう」という点に訴求できているかということです。

また、長いランディングページは要らない情報と思っているお客さんにとってはストレスに感じてしまいます。

ですが、知りたい情報が載っているランディングページならプラスの効果が得られます。

 

まずは興味を持ってもらうために、最初に結論を持ってくることが大切なのです。

 

読み手を意識したランディングページの構成

上記でご紹介したように、読み手がいいと思うページ作りが肝心です。

シミュレーション機能があるなら、「どれだけ手間と思われずに使ってもらうか」が肝になります。

自身の連絡先情報やこちらが知りたい情報を記入して貰うのに、入力ミスがあって何回も送れなかったりしたら

めんどうだと思ってお客さんが離脱してしまいます。

めんどう=離脱を防ぐ工夫として

・入力項目はなるべく少なく、簡潔に

・入力エラーメッセージは随時表示できる機能を追加

など、お客さんに負担をかけずに使ってもらうことが大切です。

 

まとめ

ランディングページは読んでもらうだけではなく、問い合わせや商品購入をして貰うことがゴールです。

そのためには、お客さんの知りたい情報を載せる、興味を持たせる、さらにはお客さんにマイナスな感情を

抱かせないサイト作ることで、結果、問い合わせに繋がります。

お客さんのこと、クオリティを意識したランディングページ制作を行いましょう。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら