フロントエンド商品を作るメリット・デメリットとは

ブログ

2016.04.27 プロモーション

フロントエンド商品を作るメリット・デメリットとは

WEBマーケティングで力を発揮するフロントエンド商品は本当に必要なのでしょうか?
中小企業やベンチャー企業の商品やサービスのリリース時は、特に重要な存在ですが、メリットはどれくらいあるのでしょうか?
ここでは、フロントエンド商品のメリットとデメリットを解説します。


フロントエンド商品のメリット

フロントエンド商品のメリットは数多く、幅広いのが特徴です。
フロントエンド商品の設計なしでは、目標が達成できないと言っても過言ではありません。
ちなみに、フロントエンド商品のメリットは次の通りです。

・バックエンド商品だけでは敷居が高くても、フロントエンド商品の敷居を下げることで、見込み顧客を集められる
・見込み顧客からの情報を元にリスティング広告の運用の改善ができる
・フロントエンド商品に対しての意見が聞けることで、バックエンド商品の改善につなげられる
・見込み顧客の個人情報が手に入るので、個別にアプローチできる
・フロントエンド商品でとりあえず見込み顧客を集めることで、ユーザーとのコミュニケーションも取りやすく競合と差をつけられる
・中小企業やベンチャー企業のブランド力の低いバックエンド商品への認知度を高められる

このようにメリットが盛りだくさんなフロントエンド商品。
メリットが多いだけに、つまずくともったいないので、慎重に設計しましょう。
フロントエンドなため、一度悪い印象で伝わってしまうとなかなか印象が消えないので改善が難しくなります。


フロントエンド商品のデメリット

メリットが多いフロントエンド商品ですが、もちろんデメリットもあります。

・バックエンド商品まで誘導する段階作りをしなければならず、慎重に行うほど、システム作りや経費、人件費などのコストがかかる
・バックエンド商品が高価な場合、フロントエンド商品を安価にしたために、余計に高価に思えてしまい、マイナスイメージになることがある

ですが、メリットに比べるとデメリットは少ないので、工夫すればカバーできます。

フロントエンド商品は、あくまでもバックエンド商品を売るための集客商品でしかありません。
バックエンド商品を理解した上でフロントエンド商品を作らなければ意味がなく、ランディングページにおけるコンバージョンを獲得するシナリオもバックエンド商品とフロントエンド商品の関係性により変わってきます。
逆にフロントエンド商品をある程度コストをかけて設計しても、バックエンド商品のセールスが上がれば、結果的には黒字になります。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c