クリック数が確実に上がる広告文の作り方とは

ブログ

2016.04.28 プロモーション

クリック数が確実に上がる広告文の作り方とは

リスティング広告の広告文章の作成は、実はそんなに難しくはありません。
コツをつかめば、簡単にキャッチーな広告文が作成できます。
ここでは、Googleアドワーズ広告とYahoo!プロモーション広告の広告文を作る時のコツをご紹介します。


キーワードを意識する

まず基本的に、リスティング広告の広告グループに登録したキーワードを意識して広告文章作成することです。
「結婚式 東京 安い」という登録キーワードなら、この3語が入った広告文を作ることです。
例えば、

・東京の格安結婚式
・安くて大満足の結婚式を東京で
・東京で持ち出し0円の格安結婚式

など、柔軟に表現方法を考えるのがベストです。


競合の広告をチェックする

同業者や競合がどんなリスティング広告を出しているのか?
一度チェックしてみると、広告文のイメージが湧きやすくなります。
同業者のチェックは、自社のリスティング広告に登録しているキーワードで検索すると、表示されるハズです。
自社が「結婚式 東京 安い」と言うキーワードの場合、実際に検索してみると、他社のリスティング広告が表示されるので参考になります。
また、キーワードの使い方なども含めてチェックするのをオススメします。


競合との違いを見極める

競合のリスティング広告で気になる広告を実際に見て、自社の商品やサービスとの違いをチェックします。
相違点を見極めたら、その違いを広告文でアピールすると競合と差がつけられます。


キャッチーな広告の4パターン

キャッチーな広告文章とは、一目で内容がつかめる広告文章のことです。
なお、キャッチーな広告文は、主に以下の4つのパターンに分けられます。

① 価格を提示
価格が売りの商品やサービスであれば、価格などの数字をハッキリ入れます。
何個で何円、何%オフなのか?送料無料などのお得感を前面に出すことで、キャッチーな広告文章になります。
(例)
・かわいいジェルネイルが2940円
・東京で1980円お手頃ネイル
など

② 機能を提示
他の商品やサービスよりも便利な機能やシステムなどをアピールしたいときは、
当日発送や何日以内に発送、何万点の品揃えなどのキーワードを添えると、
キャッチーに伝わりやすくなります。
(例)
・即日発送はアマゾンで | amazon.co.jp
・即納可能なPCが3万円台
など

③ 限定を提示
期間限定などの限定商品であれば、何個までや何日までといった限定を表す数字を提示しましょう。
限定感がある商品やサービスには、飛びつくユーザーが多いです。
(例)
・1日限定10本!幻の長崎カステラ
・期間限定!大人の濃厚ラーメン
など

④ ブランドを提示
ブランド力がある商品やサービスであれば、ブランド名を提示するべきです。
誰もが連想しやすい有名なブランド名であればクリック率も大幅に上がります。
(例)
グッチ公式/キーケース | gucci.com
公式/トヨタ自動車WEBサイト | toyota.jp
など

 

このように、4つのコツをつかめば、そこまで悩まなくても広告文章が完成します。
4つのコツをうまく利用して、効率的で有効なリスティング広告文章を作成しましょう。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c