SEO対策にかかる費用の目安について

ブログ

2016.05.10 SEO

SEO対策にかかる費用の目安について

値付けが難しい分野
何をするにも気になるのは、その価格です。
製品であれば材料や設備、それに携わる人たちの人件費をもとに根拠のある料金を設定できます。飲食店のメニューも同じ考えですね。
サービス提供も、その人件費や集客をするための広告費からある程度算出ができます。

しかし「SEO対策」、となると難しいといえます。なぜならコンサルタント的な契約となり、実際の作業工数としては算出できないからです。
さまざまな分野のコンサルタントがいますが、それを見ても値段はピンキリで、相場はハッキリしないのが実情です。

対策指示書だけで100万円というのも(最低価格)
かなり昔のことですが、SEO分野で有名な会社に値段を聞いてみたところ、「最低100万円からです」と言われました。実施内容は、対象のWebサイトに対してSEO対策を施すための指示書を提出する、といったものです。
実際にページを修正する制作作業は含んでいませんから、対策を完遂するためにはさらに大きな料金がかかることになります。
これは成果が出ても出なくても、その指示書の金額は満額支払うという、「固定料金」による契約形態でした。バリエーションとして、毎月コンサルとして入ってもらい固定金額を支払うといった形もあります。

この他で多いのが、上位表示を達成できたら金額を支払うという「成果報酬」型です。
約束した順位(3位以内などが多い)になった時に、支払いが発生するというタイプになります。
毎月のコンサルタント料を固定で、成果が出た際には成果報酬をさらに支払う、という契約もあります。

一般的な人件費で考えてみる
支払いのタイプは分かったものの、やはりその相場感が知りたい、という意見も多いでしょう。
インハウスSEOの失敗する理由(リンク)で解説したように、SEOはその人が持つスキルや情報に大きく左右されます。専門性が高い人ほど、料金も高くなっていくはずです。

例えば1カ月間のコンサル費用を3万円と提示されて、どれぐらいの専門性を発揮してもらえるでしょうか。この金額だと時給800円のアルバイトでフルタイム働いても、数日で稼げる程度の金額でしかありません。

求める専門性と自社が支払える金額を考えることで、最適なパートナーが選べるはずです。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら
c