これだけは必須!キーワードプランナーで出来る2つの使い方

ブログ

2016.08.02 キーワードプランナー コンバージョン リスティング広告

これだけは必須!キーワードプランナーで出来る2つの使い方

「リスティング広告を始めてみたいけど、どんなキーワードで広告を出稿すればいいのかわからない」きっとこの様な悩みを持っている方は多いと思います。

そして「今までリスティング広告の運用をしてきたけれども、改めてキーワードの見直しをしたい」というた方もいることでしょう。

そんな方達にお勧めのツールが”キーワードプランナー”です。キーワードプランナーは色々な機能があるため、実は「始めて知った」なんて事もよくあります。ここではキーワードプランナーの、使い勝手抜群な機能をご紹介していきたいと思います。

1.そもそもキーワードプランンナーとは?

キーワードプランナーはGoogle Adwordsが提供している、キャンペーンのプラン作成、掲載結果の分析情報の取得、キーワード候補の表示に役立つツールです。無料のツールですが、かなり使い勝手は良いです。

そしてGmailアカウントさえ持っていればどなたでも使う事ができます。

キーワードや広告グループの候補を検索し、キーワードの月間検索ボリューム検索数や掲載結果の予測を確認する事ができます。そして、単体のキーワードを組み合わせて複数のキーワードを作成する事もできます。また、広告を掲載する際に必要な入札単価や予算の決定にも役立つツールです。

2.キーワードプランナーのメリットとは?

キーワードプランナーを使う事で、いくつかのメリットがあるため、ここではそれをご紹介していきます。

2-1.適切なキーワードを探せる

宣伝したいと考えている商品やサービスがあると思います。その商品たちを紹介するウェブサイトやLP(ランディングページ)と関連性の高い語句で検索すると、新たなキーワードや広告グループ候補を探し出す事ができます。

とは言っても全ての機能が正確というわけではありません。全部を全部鵜呑みにしてしまうのではなく、自分自身での判断も行えると良いでしょう。

2-2.過去の掲載結果データを見る事ができる

月間検索ボリュームなどで、新たにキーワードを追加する事ができます。予想クリック数や推定コンバージョン数などの予測データを入手すると、登録したキーワードでどの程度の成果が見込めるのかを予想する事ができます。

まったくリスティングの予算感がわからないという方や、これから改めて予算などを見直したいという方にとっては、入札単価などを決める事ができる参考ツールになります。

3.全てを鵜呑みにしない

Googleが提供するツールは、全てがとても正確で役に立つものばかりです。ですが、そこで得た情報を全て鵜呑みにしてしまうと、もしかすると大間違いを犯してしまうかもしれません。

”あくまでもツールで得た情報”といった部分は、頭の中に入れておくと良いかもしれません。そして一番大切な事は効果測定です。

どのキーワードのクリック率が良かったのか、CV(コンバージョン)に至った回数はどれが良かったのか、広告文は本当にこれで良かったのかなど、ぜひ色々な効果を測定して分析する事を意識してください。

すぐに結果が出ないから辞めるのではなく、長期的な視点で運用ができると良いかもしれませんね。そのためのツールの一つとして、ぜひキーワードプランナーを活用してみてください。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら