リスティング広告でできることとは?

ブログ

2016.04.13 リスティング広告

リスティング広告でできることとは?

リスティング広告は、詳細な設定や分析など、できることの幅が広いのもメリットのひとつです。
しかし、できることの幅が広い分、運用時の設定に少しコツが必要な場合もあります。
ここでは、リスティング広告でできることを5つご紹介します。


多彩にセグメント設定ができる

リスティング広告で設定できるのは、入札価格とキーワードだけではありません。
地域や時間帯、性別、年齢層、デバイスなどの細かいセグメント設定もできます。
つまり、それだけターゲットを絞りやすくなり、成果の高い良質なクリック率が上がる可能性があります。
リスティング広告は、まずはクリックされることが大前提ですが、ただクリックされれば良いというわけではありません。
クリックしてからセールスまでつながる良質なユーザーを確保しなければ意味がありませんよね。
なので、セグメント設定によるターゲットの絞り込みに狂いがなければ、
クリック率は低くてもセールス率を上げることが可能になるのです。


キャッチーな広告文の作成でアピール力に差をつける

リスティング広告は、ターゲットユーザーに文章で伝えるテキスト広告です。
タイトルがあり、その下に説明文、そしてランディングページなどへ飛ぶためのリンクが貼られています。
いくら上位にリスティング広告が掲載されたとしても、タイトルや説明文がキャッチーでなければ、
ユーザーの心をつかむことができず、クリックしてくれません。
逆に考えれば、タイトルや説明文をキャッチーにすることで、上位に表示されなくても、
クリック率を上げることも可能になるということです。


データを分析しながら運用できる

リスティング広告は、出稿したらそれで終わりではありません。
広告効果のデータを元に、分析しながら改善に向けて修正していくことも可能です。
例えば、、、

・表示回数
・クリック回数
・セールス率
・広告料金

などのリアルタイムデータを元に分析ができるので、さらなるセールス繁栄のための施策を考えることもできます。


予算管理が細かくできる

予算を細かく設定できるのもリスティング広告のメリットのひとつです。

例えば、、、

・1日の上限予算
・キーワード別の入札価格

主にこの2点をこと細かく設定できるので、決められた広告予算を無駄なく計画的に使えます。


配信や停止の切り替えが簡単にできる

リスティング広告は、他の広告に比べると、配信開始や停止の切り替えがスムーズなので、
臨機応変に配信管理ができるのも特長です。

配信開始や停止の審査は、1〜5日程度なので、リアルタイムなセールス状況や商品企画などに合わせて
スムーズに広告内容の切り替えが可能となります。

このように、リスティング広告にはできることがたくさんあり、可能性も広がります。
セールスの伸び悩みも、無理のない予算で解決できることがあるのでオススメです。

CONTACT
お問い合せ・お見積りはこちらから
  • 03-6279-3013 お問い合わせは 月~金 10:00~19:00

  • メールでのお問い合せはこちら